ブログ
News and Blog

サドベリーOBがスタッフをやることについて。

  • 投稿日:2016年11月18日
  • カテゴリー:ブログ

 

 

皆さんこんにちは。スタッフのかずま(鈴木一真)です。

いつも暖かく見守って頂き、また、必要な都度のご支援を下さいまして、本当にありがとうございます。

僕は今年から八ヶ岳サドベリースクールのスタッフになりました。平日の開校日は毎日勤務していて、生徒サポート、経理、事務、庶務、広報、イベント企画等の仕事をさせてもらっています。

 

スクールの公式なブログでは、個人的な意見よりもサドベリースクール(学校)としての発信を心掛けていますが、僕のようなスタッフはある意味特種なケースでもあるので、今回はあえて「サドベリーOBがスタッフをやる。」ということに注目して書きます。

(なので今回の記事は、スクールの見解というよりは一個人、鈴木一真としての見解です。)

 

まず、サドベリーを出た人、という存在自体がまだ全国に数える程しかいません。日本では兵庫県の「デモクラティックスクールまっくろくろすけ」が20年前にスタートしたのを皮切りに、僕の通った「西宮サドベリースクール」が16年前、「デモクラティックスクールまんじぇ」が10年前のスタートです。それに引き続いて各地に学校が増え、今や全国に10校存在します。
八ヶ岳はおかげさまで今年5年目を迎えましたが、途中で辞めてしまう学校などもあり、10年以上続いている学校がまだ以上の3校しかありません。10年というと長い気もしますが、6歳が16歳ですから、卒業生はまだ多くは出てきていません。途中でサドベリーが合わなくて辞める子もいます。こう見ると、教育とはそう端的に考えられるものではないなと改めて思わされます。

 

ときたまに、OBがスタッフになるのはよくあることなんですか?と聞かれます。しかし僕の知る限りスタッフをやりたがる人はあまりいません。過去に勤務していたことがある人は知っていますが、現時点の日本ではおそらく僕だけです。サドベリーに通っている子は、それぞれ自分の好きなことをしていて、それがいずれ将来の仕事や活動に繋がったり大学や専門学校に進学していったりします。その幅が広すぎて、スタッフをやりたいと思う子が少ないのは当然かと思いますが、皆おそらく一度は(または常に)学校とは何なのかを考えていると思うので、教育についてはかなり意識すると思います。アメリカのサドベリー・バレーでは、教育関係に就く子も多いとか。

もう一つの理由として、(成熟した)サドベリースクールではスタッフを選ぶのが生徒なので、スタッフになりたくてもなれない可能性もあります。フリースクールなどでよく目にしますが、自分が通ったコミュニティにしか居られなくなってスタッフになる。という人もいるかもしれません。それが良い悪いとかは思いませんが、サドベリーでは生徒達が自分達に必要な人を選んで来てもらう、来てもらわないを決めているので、自分がそこに居たいだけでスタッフをやりたいと言ってもおそらくはミーティングでシビアに却下されます。僕自身も生徒時代に話し合いでスタッフをクビにしたことがあります。

こんな風にシビアに決められていくので、サドベリーOBがスタッフをやるから良い影響があるんじゃないかとか、そこにしか居られなくなってスタッフしてるのは良くないんじゃないかとか、外野が想像することはほとんど無駄なんですね。今いる生徒に必要とされる人が雇われ、必要とされない人は雇われない、とても分かりやすい自然な形です。

僕自身に置き換えれば、必要とされる限りはもちろん、生徒であった経験やその他社会人経験を存分に活かして日々携わっていきたいと思います。

 

僕はサドベリーに生徒として通って、この夢を実現したい!とか将来こんな人になりたい!とかがあるわけではありませんでした。6年間通ってもそれは見つかりませんでした。逆に、将来のことを今全て決められるはずもなく、これから経験を積んでもっともっとやりたいことが広がるかもしれないのに、今の自分が未来の自分を全て決めつけるなんて烏滸がましいだろうと思っていました。

いつからかは覚えていませんが、気付いたときから僕は子どもが欲しくて、子どもを育てるなら仕事はできた方がいいなと考えます。そう思っているとこれから仕事ができるのかが不安で不安で、これは仕事をしてみないと仕方ないだろうと思って18歳のときにサドベリーをやめて、仕事をし始めました。

始めは昆虫の調査や研究をしている会社に入り、そこからはやりたい仕事をしてみたいとの思いから西宮サドベリーのスタッフをしたり民間の保育園でも勤務し、今年から八ヶ岳へ移住してスタッフをさせてもらっています。

 

前口上が長くなりましたが、僕は将来的にずっとスタッフをやりたいと思っているわけではありません。

ではなぜスタッフをしているかというと、サドベリーに通いたい子ども、サドベリーのスタッフをしたい人、サドベリースクールを作りたい人達の思いを、形にする。ということに今、非常に高い関心を抱いているからです。

僕が生徒の時代は日本全体で2校しかなく、生徒も5人くらいしかいない時期もあって、日本中の誰も知らない学校に行ってるぜ!くらいの感覚を持ったときもあったんですが、今は違います。

小学校、中学校に当たり前だからと通うことに違和感を抱いている人が多いように思います。確実に増えてきている(より明確になってきている)ように思います。僕は決して公立校を始めとする既存の教育を批判するつもりはないのですが、学ぶ本人のニーズに沿った多様な学び場が、サドベリースクールのように全ての活動が子どもの自由と責任のもと行われる学校が、求められているとひしひしと感じています。この活動が広がり、まずは47都道府県にサドベリースクールが1校ずつできたら面白いななんて思っています。

今はそんな人達の思い(僕自身も含め)を叶えるためにスタッフをさせてもらっています。八ヶ岳は自然が壮麗で暮らすにはとても心地のよい場所ですが僕は寒いのが苦手で関西が大好きなので、八ヶ岳に永住するつもりは今のところありませんが、この八ヶ岳サドベリースクールを軌道に乗せるところまではお供させてもらえたら嬉しいです。

どんな学校へ行くのも行かないのも良いですが、子どもの多様な教育の選択肢の一つとして、サドベリースクールをご検討頂けたら嬉しいです。スクール見学・体験入学も随時受け付けていますが、まずは知ってもらうことからだと思います。どうぞ気軽にお問い合わせくださいね。

それでは今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

拙文ですが、お読みいただきありがとうございました。

(文責:鈴木一真)

 

 


「遊び」について。

  • 投稿日:2016年10月28日
  • カテゴリー:ブログ

KIMG1045
最近のスクールでは、モノポリーやカタンというボードゲームが流行っています。ご存知でしょうか?

土地を買ったり、資源、資金を獲得して、一定のポイントに達しら勝ち、破産したら負け。のような様々なルールがありますが、どちらも他のプレイヤーとの「交渉」が肝のボードゲームです。

だまし合いの人狼ゲームなども人気です。これも高度な「交渉」や「演技」のテクニックが求められる遊びです。

 

スクールを見学される方が、「サドベリーの生徒はあらゆる遊びの場面で、経験があって上手な子が初心者の子に教えて、同じようなレベルになってから遊ぶ。ということを誰に何を言われずとも自然と行っているのが不思議だ。」と仰ることがあります。僕自身が西宮サドベリースクールに通っていた頃にも、見学の方に「なんで教えたの?」とか聞かれたことがあって、そのときは何が不思議なのかもよく分からなかったですけど…笑

あらためて考えてみると、遊びの目的が「楽しむ」ということを本当に突き詰めているからなんじゃないかなと思います。もちろんゲーム自体の目的は勝つことだったりはするんです。でも一人が勝ち続けていても面白くはなくて、勝つか負けるか分からない中で本気で遊ぶたまらないヒヤヒヤ感と言いますか…結果が予想ができちゃったらもう楽しめないんですね。そのために誰もが勝ち得る状態を自分達で作るんです。すべて既存のルール通りにではなく、ときにハンデを付けたり、独自のルールを作ったりもします。

例えば、遊びの目的が「勝つ」ことだとしたら、勝てそうな相手としかやらないですよね。相手を育てることもしません。ルールに固執したり、自分が勝つためにズルしちゃうとか。それも一つの遊びですが、本当に楽しいのかなって思います。そもそも誰かにやらされている遊びだとか、何か自分の人生に不満があるから誰かを打ち負かして発散したいとかでしょうか。そう考えると、勝つことだけにこだわり過ぎているというのは少し不自然です。それはもはや、遊べていないではないかとすら思えます。

与えられる遊びと、自ら作る遊びの違いなのかもしれません。どちらが楽しいのかは、歴然です。

 

僕は趣味で草野球をやっていますが、試合で勝つことだけにこだわりすぎると、面白くなくなってきます。でも、どうやったら勝てるのか?という意識も必要だということも分かっています。

これはサドベリーの子だからこういう遊び方をする。っていうわけでもなく、遊びの本質をそのときたまたま捉えていた。というだけだと思っています。負けて死ぬほど悔しかったり、勝つことだけにこだわる時もあるでしょう。

どこまで、どのように、こだわるのか?
これを自分達でコントロールできているから楽しめる。
というのが、一つの答えなのかもしれません。

 

「遊び」というと、「勉強」や「自然体験」などの経験よりも、価値が低いものとして見られがちですが、サドベリースクールの考え方としては、遊びも勉強もスポーツもおしゃべりも、何もしていない時間にすら、優劣はありません。その経験から何を学んでいてどのように活かしていくかというのは本人のことで、他人が把握はできないし、どうこう言う権利もないのです。

このようにいろんな視点から目の前の出来事を見てみると、楽しむことを突き詰めていく「遊び」の中には無限の創造性が詰まっていると考えることもできるのではないでしょうか。

(スタッフ・かずま)

 


10月の学校説明会の様子です。

  • 投稿日:2016年10月18日
  • カテゴリー:ブログ

14690928_710081732483546_4499435880459887573_n

 

 

 

 

 

 

 

毎月恒例の学校説明会を開催しました。

おかげさまで、7組ものご家族に参加を頂きました今回は、同日の午前中にたまたまスクールのイベントがあり、生徒、保護者、スタッフの多くが説明会にも参加できたので、より幅広い関係者の意見が聞ける会となりました。

生徒2人が、夢はなんですか?不安はないのか?などの質問に正直に答えている様子が、サドベリースクールというものをより実感できるキッカケになったのではと思います。

参加された皆さまには、この場を借りて御礼申し上げます。

 

次回学校説明会はコチラ↓

【11月26日】11月の学校説明会



 

以下、参加者の方から頂いた感想を抜粋して紹介します。

 

・ハルさん(お母さま)

通われている子どもや、通った経験のある方の話が具体的に聞けて良かった。大人の中でも自分の意見を持ち、それを伝えていくことができる姿は素晴らしいと思った。開けた空間で活動できるところに魅力を感じた。HPで見るより広かった。

将来の心配がややあるのだが、それは自分自身(親)の問題でもあるので課題かなと思った。

 

・MKさん(お母さま)

様々な方の意見が聞けてとても参考になりました。

 

・匿名(お母さま)

サドベリースクールのことを全く分からない状態だったので、説明会に来られて良かったです。

子どもの自主性に任せたいという気持ちと、せっかくの環境なので自然などに触れるなどして欲しいという親の希望も自身の中で感じました。大人の様々な質問に答えてくれた生徒さんたちに希望も感じたし、立派だとも思いました。

 

・宮澤宏平さん(お父さま)

通っている子どもの姿が見られてとても嬉しかったです。一人の人として、子ども扱いせずにありのまま接するスタッフさんの姿や、子ども自身の姿を見て、自身の日頃の職業観を振り返るよい機会になりました。

広さ、雰囲気、周りの環境共にとても魅力的だなと感じました。初めて来た子ども達が場所見知りせずにすぐに打ち解けていて、子どもながらに心地良さなど感じているのかなと思いました。

今の職を離れて、自分のやりたいことのために生きたい。と感じ始めています。移住、収入、新しい働き方、、、分からないことだらけです。スタッフとして、どこかのサドベリーで働くか、自分自身で学校を建ち上げるのか、、、まだ相談させて下さい。


別名「デモクラティックスクール(民主主義の学校)」

  • 投稿日:2016年10月17日
  • カテゴリー:ブログ

サドベリースクールは、別名「デモクラティックスクール(民主主義の学校)」とも呼ばれます。

 

10月、年に2回の全校ミーティングが行われました。スタッフの人事を決めたり、開校日や開校時間を決めたり、予算について話し合ったり。学校に関するすべての話し合いに、生徒が参加できる。というのが、サドベリースクールの大きな特徴と言えます。

 

参加しないという選択も自由ですが、自分が出なかったことで、好きなスタッフが入れ替わってしまったり、活動に使える予算が変更になったりと、予期せぬ事態も起こりえます。

参加する子達は、例えば、自分たちの好き嫌いでスタッフをクビにする。なんてこともでき得るのですが、学校運営に必要な人材を単に嫌いだからと切ってしまったことで、自分たちの決定で、学校が潰れてしまうかもしれない。というところまで一緒に考え決めているのです。

 

今回は、会計担当に生徒が立候補するということもありました。

 

現在スクールには、会計担当、広報、事務、環境整備、生徒サポート、等の役割がありますが、これをスタッフが担当したり、保護者が担当したり、生徒が担当してもいいんです。全体で話し合って適材適所で役割を決めています。

 

自分のことをすべて自分で決めていける自由と、学校の自治、自分たちの場所を自分たちで作っていくという意識が、これからの社会に出ていく前に、とても役に立つ経験となるのではないでしょうか。

(スタッフ・かずま)


9月の学校説明会、開催しました!

  • 投稿日:2016年09月12日
  • カテゴリー:ブログ

media-20160912
 

入学を検討しているご家族や、多様な教育の価値観を知りたい一般の方も含めた幅広い方に向けた、休日の学校説明会を、今年は毎月開催しています。

有り難いことに、毎月数組の参加を頂いていますが、9月は大人と子ども合わせて16人もの方が来てくれました!

ゆっくりと教育についての話をしたり、遊びたい子はわいわい賑やかに遊んでいました!

スクール立ち上げ当初からの話や、サドベリースクールに通っている生徒の声と、サドベリーに通って社会人になった人の話は、いつも好評です。

全国的にも珍しい、貴重な機会となっていますので、興味を持たれた方はまずは説明会に、お気軽にご参加くださいね。

次回は10月15日(土)14時~16時で開催予定です。

 

感想の一部を紹介させて頂きます。※掲載許可を頂いた方のみ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・桑原洋一さん(お父さま)

メリット・デメリットが理解できました。自己決定を大切にするという本当の意味を考えてます。

 

・桑原利津さん(お母さま)

実際にサドベリーに通っていたスタッフの方のお話を聞くことができて良かったです。

子どもの生きる力を信じる、のばせるように、親が最低限してあげられること、いろいろ考えさせられました。

子どもたちが通いたいと言うかどうか分かりませんが、一つの選択肢として話はしてあげようと思います。

 

・N.Tさん(一般の方)

質問する時間が多く、良かったです。生徒代表の方、ありがとうございました。

自分の意志でこの学校を選び、同時に自分の責任についても既に身につけている感じがしました。

 

・匿名(お母さま)

サドベリーを体験下人の話はおもしろかったです。学校を移るときの話はぐっときました。

きっと、大人になっても常に自分はどうしたい?は常にあるし大事なんだろう。

 

・匿名(お父さま)

サドベリーに実際に通っていた人に色々質問させていただき、通っている側の気持ちがよくわかりました。

 

・鈴木紀子さん(お母さま)

サドベリーで育った人の声が興味深かった。来たかいがありました。

校舎が広く、清潔感があり、好みです。質問させていただいてスッキリです。

 

・加藤美和子さん(お母さま)

具体的な話、理念の話、とてもわかりやすく、来てよかったです。

校舎がとっても素敵。私が住みたい。

 

 


八ヶ岳への移住を検討されている方へ

  • 投稿日:2016年09月01日
  • カテゴリー:ブログ

八ヶ岳は、自然環境が素晴らしく東京にも出やすい立地で、移住や入学を検討したい!と仰って頂けることが多いのですが、移住の難易度の高さがネックになる場合があり、スクールとしても情報収集、提供をして皆さんがより入学や移住を検討しやすいように図りたいと考えております。

この度、一番のハードルの1つだった保証人の条件が、北杜市在住にて固定資産税を支払っている方とあったのが、日本国内在住の方へ変わりました。
地縁のない方にとって、北杜市に居住されてて、しかも不動産所有の方の保証人を取り付けるなど、移住を検討する方にとってはとてもとても適わぬ条件でありましたが、これが解消されました。
勿論、その他条件もございますので、皆さんにとってぴったりかどうかは判りませんが、ご検討されてはどうかと思いまして、お知らせさせて頂きます。

○北杜市市営住宅情報
http://www.city.hokuto.yamanashi.jp/komoku/kurashi/jyutaku/

空き住居状況は、HPに反映されるのは遅いので、気になる住居があれば担当部署へ直接お電話されるのが一番です。

個別にご相談があれば、遠慮なくご連絡くださいね!
お答えできる範囲で、お伝えさせて頂きます。

最後になりましたが、スクールは短い夏休みを終わり、先週から開校しております。
サマースクールプログラムもあり、お泊りの子どもたちもいて、いつもより少し賑やかです。
すこーし秋めいてきておりますが、まだまだ過ごしやすい八ヶ岳にまたお越しくださいね!


「自分のやったことに責任を持つということが社会で必要だと思うから。」

  • 投稿日:2016年08月01日
  • カテゴリー:ブログ

梅雨明けの八ヶ岳はカラっと晴れて、久しぶりに富士山がくっきりと見えました。

辺りが暗くなってくると、眩しいほどに輝く星が夜空を覆い尽くします。

 

気持ちの良い夏の始まりと共に、新入生を迎えることになりました!

 

サドベリースクールに入学するためには、自分で入学を決めて、スクールミーティングで承認をもらう必要があります。

この8月から3人の生徒が入学することになりましたが、そのときの話し合いの一部を紹介します。

 

~~~~~~~~

「なんで八ヶ岳サドベリーに入学したいの?」「自分で決めましたか?」

と、入学に際して、色んなことが聞かれたりします。

こんな話が出ました。

「サドベリーでは、必要なことを自由にできるから。他の学校は将来役に立たないことも出てくる。」

「サドベリーでは、自分のやりたいことをやれるけど責任もある。自分のやったことに責任を持つということが、社会に出るにあたって必要だと思うから。」

「今やりたいことがこれから変わるかもしれないし、新しく何か見つかるかもしれない。」

~~~~~~~~

 

彼らの言っていることの何が正しくて、何が正しくないかということよりも、子ども時代から既に自分の人生に責任を持って、自分で選択しているということに、僕は尊敬の意を表します。

(スタッフ・かずま)


サドベリースクールが一番だとは思っていません。

  • 投稿日:2016年07月15日
  • カテゴリー:ブログ

八ヶ岳南麗の地に、サドベリースクールを立ち上げて5年目になります。

(今書いているスタッフかずまは1月から移住してきました。)

 

民間で学校を立ち上げるというのは、とても大きなエネルギーが要ります。

立ち上げた人達は並々ならぬ尽力をされたことでしょう。

 

僕たちは学校を運営する上で、こんな学校もあるんだよ。というスタンスをいつも心がけています。

何かと比較してサドベリーの方が上だとか、既存の教育が良くないからサドベリーを作るとか。

このような動機が高じて学校を立ち上げても、一時のパワーは強くても、続かないと思います。

 

単純に、純粋に、サドベリースクールで学びたい子のため。

多様な学び場を必要としている子どもたちのための一翼を担っているという気持ちです。

 

もちろん既存の教育に問題点や改善点はあるでしょう。

それはサドベリースクールもそうで、どんな学校とて、完璧ではないと考えています。

 

ですが、一つの教育に全ての子どもが適合するべきという考え方は、もはや時代遅れでナンセンスです。

全ての大人がたった一つの職業に適合するべきでしょうか?

多種多様な職業があり、新しい職業や社会の在り方を作り出せる方が世の中は豊かになると思います。

 

サドベリースクールの特徴は、すべての活動を生徒が責任を持って決めていくこと。

何を考え、何を思い、何を言い、何をするのか。

100%の信頼とは、価値観をどう捉えるか、どう作るのかすらも生徒にあるということです。

 

僕たちの活動は、一つの教育スタイルの提案であり、一つの生き方の提案です。

活動の様子をご覧いただいて、選択していくのはみなさんです。

 

生き方を選ぶのはみなさんであり、お子さん自身が選ぶことができるんです。

 

大人が好きな仕事を選べて、子どもが好きな学校を選べる時代を目指しています。

様々な学校や学びの場が全国各地にあり、お子さん自身が自分に合った環境を選択できるようにしていきたいと思っています。

 

 

(スタッフ・かずま)


当たり前のない学校。

  • 投稿日:2016年06月27日
  • カテゴリー:ブログ

KIMG0816
 

サドベリースクールでは、毎日朝と夕方にミーティングが行われています。

ここでは、日常的な活動の決定、問題解決を日々行い、スタッフ誰を雇うかや学校全体の予算決定など、大きな話も年に数回します。

 

例えば、釣りに行きたいから、予算がいくらでスタッフを確保したい。新しい備品を買いたいけど、ネットで買うかお店で買うか。いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのようにしてという5W1Hを、当たり前はなくゼロから話し合い決定します。

 

問題が起こったときもそう。先日あったのは、コップが出しっぱなしになっていたので片付けてほしい。という議題です。

今のルールでは、「出した備品は出した人が片付ける」となっています。

これではいつ片付けてもいいという解釈もできなくはありません。明日片付ける。1週間後に片付ける。というのも、当たり前だからと一方的に否定はできないのです。

そこでいつまでに片付るかを決めることになり、食器は置いておいたら汚れが落ちなくなる、虫が来るかもしれない等の理由から、「使い終わったら片付ける」「最長でもその日のうちに片付ける」というルールが追加されました。

 

ルールがあるから当たり前、は通用しません。ある意味めんどくさいかもしれないし、ときには手間もかかるかもしれないです。

でも、本当にしたいことをしていると、それに付随する多かれ少なかれの、めんどくさいこともやる必要が出てきます。

 

自分たちの学校を作っていく、必要に応じて変えていく。

 

そんな経験から、自分たちの価値観を自分たちで社会に反映させていくという意識が身に付いていくのです。

 

 

(スタッフ・かずま)

 


カリキュラムのない学校での、昼食の様子。

  • 投稿日:2016年05月26日
  • カテゴリー:ブログ

media-20160526
 

 

サドベリースクールには、カリキュラムがありません。

決まっているのは、11時からのスクールミーティング、14時半からの掃除、15時からのスクール夕ミーティング、だけです。

 

昼食の時間は決まっていません。何をどう食べるかも自由です。

お弁当を作ってもらったり、どこかで買ってきたり、自分で作ったり、食べに行くことも可能です。食べたくなければ食べなくても。

 

自然派で食にこだわっている家庭もあれば、ときには買って済ませている家庭もあるでしょう。

スクールでは、何を食べていても食べなくても一方的に問題だと決め付けることはないので、例えば、毎食カップラーメンを食べている子がいたり、暑いからとかき氷を10杯くらい食べている子がいたとしても、“やめさせられる”ということはありません。

でも、周りの生徒やスタッフから、それって大丈夫なの?と率直な言葉が出たり、自分でも世の中の色々な価値観に触れて、考えるキッカケは山ほどあります。

何が良くて悪くてという価値観を、ゼロから自分で考えるのです。

 

=================================

今日はベーコン焼きそばを作っている子がいました。

兄妹2人分をお兄ちゃんが作っています。

 

 

「あっちぃ!油がはねた!やばい!ベーコンがくっついた!水を入れないと!」

 

大盛り上がりで調理していたので、フライパン持ち上げてひっくり返すのしてよ、とお願いしてみたら

 

「大切なお昼です。僕はお腹が減っています。そんなことはいたしません。」

 

ごもっともです。肝心のお味は…

「ベーコンの油が強すぎた。これ油じゃん!」

と連呼していました。前作った時はソースが強すぎると言って麺を洗っていたときも。笑

 

サドベリーには、やらなければならないこと、してはならないこと、が無いので

失敗も成功も、チャレンジしてみたことも何もしないことも、全て自分で味わい尽くし、自分だけの学びを行っていくのです。

 

 

あとがき:活動の一例を挙げてみましたが、他にも、友達と仲良く食べていたり、10時に来て早速お弁当を食べる子や、活動に熱中しすぎて16時寸前に食べてる子もいたりします。昼食一つをとっても、一言では紹介しきれないほど、多様な選択に溢れています。

(スタッフ・かずま)