ブログ
Blog

4月と5月のスクールの出来事。

  • 投稿日:2019年05月17日
  • カテゴリー:ブログ


先週オープンスクールと研修がありました。

オープンスクールに3組のご家族、研修に3人の方が集まってくれました!

皆さん色々興味をもって、ミーティングにも参加してくれて、「スクールがゲームばかりしてる学校と言われていることの対応」という議題では、スクールが一般の人からネガティブに捉えられていたので、まずは、そう思われてもいいのか、スクールのみんなで意見を出しました。

「ちょっと嫌、かなり嫌、仕方ないんじゃないか、反論はしたい、ゲームばかりではないと言いたい、他のこともしていると言いたい。」という意見が出てた中で、研修生も意見を出してくれて、「そう思われるのは嫌だ、どういう良さがあると発信していきたいのか?というのを生徒の皆に聞きたい。」という意見を出してくれました。それに対して生徒は、スクールの良さは「時間を有効活用できる、自分のやりたいことをとことん追求できる、環境を整えることができる」と答えてました。

そして、引き続き、どう発信するかを話し合っています。

その後に、オープンスクールに参加した方に感想を聞く機会があり、「保護者の意見を聞けたのが貴重だった」「保護者さん生徒さんスタッフさん色々な人が作ってる場なんだと改めて感じました」「いつもより思いっきり本を読むことができた」など他にもたくさん感想を言ってくれました。

このように、スクールと直で触れ合えるような機会をこちらから作っていけたら、第三者の立場でミーティングを眺めているのではなくミーティングに参加してる一人として関わるということを体験してもらえてスクールをより理解できると思うので、これからも積極的に続けていけたらと思います。


今年度新しくスタッフになった方がスクールの改善点を積極的に見つけ、ミーティングに改善したいという議題を出してくれてます。この前のスクールミーティングではなんと議題が10個も出ていました。そのうちの半分以上がそのスタッフの議題で、スクールの改善につながるような事でした。たとえば今年の予算で5人増やそうという計算で進めているので、スクールを広めるためにツイッターの方が年齢層も広いしやっている人もかなり多いからツイッターをらないか?だったり、「ミーティング議事録にふりがなをふるというルールを毎回毎回ふりがなふるのも大変だし、今漢字を読めない子が少ないとか読めない子がいた時は読める子に聞けばいいのではないか」などの理由でふりがなをふるのを消したなど、たくさん提案してくれて今までにはない価値観が入りどんどんスクールが活性化していると思います。

スクールでは、生徒がスクールに必要なスタッフを選ぶので僕は雇って良かったと思っています。

 

先週ある一つのプロジェクトが通りました。そのプロジェクトは「青春しようぜ☆」というUSJに行く企画で、プレゼンをしていました。生徒2人スタッフ1人の3人メンバーで2泊3日の旅だそうです。予算はチケット代、交通費ガソリン代、高速代、宿泊費、夕食代プラス予備費で合計15万円です。

前日のデイリーミーティングでプロジェクトへのアドバイスを求めて議題を出し、色々な意見を企画に反映させていて、その中で、どれだけ本気なのか・なぜ行きたいのかを聞くと思うという意見があり、プレゼンまでに考えていました。

プレゼンでは、一人は「家族で行くと全てチケットなど手配してくれる、皆で考えてスクールとしてのお金でみんなで計画して、考えることが大事だと思う、ここまで来た達成感は将来役に立つ、計算が苦手だからいい経験になったと思うこのあともやくにたつ」と言っていて、もう一人は「ちゃんと自分たちで調べて企画してミーティングに出すことは大事だと思った。自分では頑張った方だと思っている、他人任せではなく自分たちで考えて行動する」と言っていたり、他にも色々説明していのですがちゃんと細かく覚えてないので割愛させて頂きます。

 

今週のミーティングで人が写っているいる写真をネットに上げることについて話し合っていて、一旦人が写っている写真の掲載を見合わせています。

広報の仕事を初めて一か月が経ちましたがまだ慣れません。もともと僕は文章を書くのが苦手なのでこの文を書くのにも二週間かかりました(ˉ ˘ ˉ; )

大変でしたがこれからもみなさんに、よりスクールの事を理解してもらい広められるよう努力するのでよろしくお願いします。

(こうすけ)

 

 

 

[`evernote` not found]