ブログ
Blog

スタッフ選挙と新スタッフ募集!

  • 投稿日:2018年02月20日
  • カテゴリー:ブログ


2月のはじめに、スタッフの選挙が行われました。

スタッフは1年契約なので職を失うリスクはありますが、生徒の子達が毎年その時のベストなスタッフ陣営を決められるという大きなメリットがあります。スタッフを検討してボランティアで来てくれた方や、新しく立候補してくれた方、現職のスタッフも含めて、様々なスタッフ候補から、子ども達が選んでいきます。


スタッフプレゼンテーションの様子。候補者一人あたり10分のプレゼン時間が与えられます。

プレゼン後は質疑応答の時間。生徒の子達から「サドベリーのどこがいいんですか?」「この仕事を本気でやる気はありますか?」「やる気度は0から100で言えばどれくらい?」と矢継ぎ早に質問が飛びます。来年度の1年間スタッフを任せるにあたって、個人的な「好き・嫌い」だけではなく、「スクールにとって必要か」という総合的な目線で判断していきます。

もちろん、「好き・嫌い」だけでスタッフを選ぶこともできますが、スクール運営に必要なスタッフを雇わなかった結果運営が立ち行かなくなることの責任も負っているので、皆かなり真剣に考えます。


遠方からの立候補もあり、現在の仕事の合間にテレビ電話で立候補してくれた方も。ここでも「仕事があるとはいえ、スクールに来ないのはやる気がないってことじゃない?」とシビアな意見が出ます。


1週間の投票期間を経て、結果発表。

立候補するスタッフ自身が投票を管理するのはおかしいという観点から、生徒による「選挙管理委員会」を作って、投票用紙の作成から集計まで、ワードやエクセルを駆使してすべて生徒の子が管理していました。

今回は「スタッフ二人体制」を目指していましたが、総合的に雇いたいスタッフが一人しかいませんでした。「他の候補者も、来てほしいか・来なくていいかで言えば来てほしいけど、スタッフとしてではない。ボランティアスタッフやサポーターで来てほしい。」というように、役割を整理して話し合いました。

そのため、新しいスタッフ募集をするかどうか、予算をどうするかの話し合いを次回のミーティングに持ち越します。

 

その後の話し合いでは、やはり二人体制が望ましいということで、1年後の選挙を待たずに、いい人がいればスタッフを雇うことになりました!サドベリースクールでスタッフをしてみたい方には大きなチャンスといえます。そこであらためて、どんな人に来てほしいか?も含めて新しいスタッフ募集のシステムを皆で作りました。よかったらご覧ください。

○新スタッフ募集

スタッフ募集




ちなみに今回の選挙で雇うことにした一人以外の方はお断りさせてもらう形になりましたが、お断りの連絡をどうしよう?と話していたとき、「現スタッフにメールしてもらう?」という意見が出たと思えば「それはやめよう。自分達でやろう。」という主張が出て、「今回はこうこうこんな理由で雇わないことになりました。立候補ありがとうございました。」というメールを生徒の子達がやっていました。

 

あとがき:サドベリーのスクールミーティングは理論と感情をきっちりと切り分けて進めていきます。ある意味厳しいとも言えますが、本音を言える環境だからこそ、遠慮したり忖度することなく、思ったことを素直に言えます。これは相手を尊重して大事にするからこそです。厳しさとは優しさであり、優しさは厳しさでもあるのです。 (スタッフ・かずま)

 

 

[`evernote` not found]