ブログ
Blog

勉強をするのか?しないのか?

  • 投稿日:2017年09月11日
  • カテゴリー:ブログ


 

八ヶ岳サドベリースクールには、一方的に決められた授業やテストがありません。その環境で「はたして勉強はするのですか?」という疑問を持たれる方もおられます。今回はそのことについて書きます。

まず結論から書きますが、「勉強するかしないかは生徒が決めます」の一言につきます。何をするのも何もしないのも自由ですから。

そもそも、国社数理英の教科学習こそが「勉強」であるという見方はとても狭義な意味での「勉強」ですし、「勉強」とは?「学習」とは何か?という論点もありますが、今回はそこには触れず、実際にどんな活動をしているのかを紹介していきます。「遊び」と「学び」を区分けして評価しないという考え方についての記事はコチラ→遊びたい!は学習意欲そのもの。

 

ある日の写真では、4人で机を囲んでいちごオーレを回し飲みしながら、ノートを開いてペンで何やら書いています。4人別々の何かをしていましたが、ある子は「英語が好きで、英検の上級を目指している」という動機だったり、他には「漢字が好きで書いている」「文字を綺麗に書けるようになりたい」など、様々な動機があります。ハマっているときは何時間でも続けて勉強をしていますし、やらないときは何年経ってもやらないで、そのまま卒業する子もいます。

サドベリーの卒業生やOBには、専門学校や大学に進学する子や、海外で働きたいとの思いから在学中からスクールで英会話のリスニングを受けたり独学で受験勉強をしながら高卒認定試験に合格して、海外の大学へ進学した子もいます。その一方で、教科学習という意味での勉強を一切せずにサドベリーを卒業して、社会人になって働いている子もいます。

ここで一つ分かることは、教科学習という意味での勉強をしていた子もしなかった子も、何ら問題なく社会に出ているということです。たとえ社会に出てから「勉強した意味が無かった」「もっと勉強しとけば良かった」と思うときがあっても、自分で自由に選択した結果なので文句を言ったりはしないでしょう。

勉強が自分にとって必要な経験を積むための一つの手段であることは、大人も子どもも同じです。そこで、小さい頃から自分にとって必要な経験が何か?ということを日々自分で考えて、自由に学んでいるのがサドベリースクールの生徒の子達なのです。

 

 

(スタッフ・かずま)