ブログ
Blog

自然の中のスクール。

  • 投稿日:2017年07月10日
  • カテゴリー:ブログ

 

八ヶ岳の夏は辺り一面に緑が生茂って、山も川も非常に自然豊かなものがあります。自然の中にスクールがあることが八ヶ岳サドベリースクールの大きな特徴ですが、一概に「自然は子どもに善い」という訳でもありません。今回は自然の中のスクールであることの、メリットとデメリットをお話します。

自然の中のスクールは、「空気がきれいで気持ちがいい、近郊には山や森や川など自然がいっぱい、自然から採れる新鮮な食材が豊富、校舎が広くて開放感がある、周りを気にせず音楽をしたい子は大きな音を出せたり、敷地内でBBQや焚き火や花火もできる…」等々。

一見良いことづくめのようですが、都会のように人の豊富さや色んな施設が身近にあるというメリットはありません。たとえば、何か専門的な知識や技術を学びたいとなったら、学べる先生のところへ行ったり講師として招聘するとき等のアクセスは絶対的に都会が有利です。ちょっとした買い物だったり遊びに行くのも電車やバスを使えば子どもの足でもどこへでも動ける街中に対して、田舎は車がないと足が伸ばせない地域も少なくありません。

 

このように条件が違うだけで、一概に善いとは言えないことが分かります。

サドベリーはこれらの色んな条件を踏まえて、入学することを選ぶのは子ども本人です。自然が好きな子や街中が好きな子がいたり、自然がある場所に身を置きつつゲームをやりたい子や街中を日常拠点にしながら山登りをしたい子がいたり。それに、どこに住むのかは家族全体に関わることですし、メリットデメリットを考えながら総合的に(または直感で)決めていくことになります。今は子どもの学校のために、家族全体で真剣に考えて八ヶ岳まで引っ越してくるご家族も少なくありません。

 

個人的には、生かすも殺すも自由なので、自然の中でも街中でもどちらでもいいと思います。八ヶ岳サドベリーでは自然を活かして色々な自然体験をしていく子がいる一方で、ずーっと校舎の部屋にこもってパソコンをしたり勉強をしている子もいます。「せっかく自然の中なんだから自然を活かすのが善い」とも決めつけられません。

人と人、価値観と価値観の「違い」には一方的な善し悪しを付けられるものではなく、田舎なら田舎なりの暮らし方を学べるし、街中なら街中なりの暮らし方を学べるということなのです。

 

(スタッフ・かずま)

 

 

[`evernote` not found]