ブログ
Blog

好きなことをすることに長けている。

  • 投稿日:2017年03月10日
  • カテゴリー:ブログ

17191044_794754767349575_703104525646838311_n
短期留学の第2期が終了しました。

今回は一般の子に加えて「西宮サドベリースクール」、「三河サドベリースクール・シードーム」、「湘南サドベリースクール」の生徒も参加しました。八ヶ岳の生徒も含めて全国のサドベリー4校の生徒が共に学ぶという状況で、八ヶ岳サドベリーのルールをベースに一般の子やそれぞれのスクールの価値観も混ざり合います。

 

17201103_794754770682908_2350260625528621106_n
「当たり前」のない中で自由に活動を行い、必要に応じて話し合いを重ね、自然と人間関係も構築されていきます。

最初は顔も名前も知らない状態から留学期間が始まりましたが、最後の夜はどこからともなく「パーティしよう!」と集まり、夜中まで皆で大盛り上がりでした。

もちろん全員で仲良くするのが善、ということもありません。パーティしたい子がして、一人で活動したい子は一人で好きなことをしています。

 

普段のスクールも多様ですが、この短期留学中は人数が増えてより多種の様々な活動が行われました。

ざっと思いつくだけでも、温泉に行きたい、スノーボードしたい、肝試ししたい、カラオケ行きたい、勉強をしたい、ゲームをしたい、料理をしたい、ギターを弾きたい、野球をしたい、皆で鬼ごっこをしたい、笑ってはいけない(笑ったらお尻をスリッパで叩く)をしたいなど。。。

考えてみれば当たり前のことですが、皆やりたいことをやりたくてサドベリーに来ているわけなので、好奇心のままにその空間は自然と学び豊かなものになっていきます。

 

サドベリーの特徴は、自由にできる好きなことを自分でやる責任があるというところです。やりたいことのために必要な時間や物、人やお金等を自分でチョイスしなければ何もできません。好きなことをまったくしないこともできますが、それを選択した責任は伴います。

生徒一人ひとりが何を考えているのかは本人にしか分かりませんが、僕が思うにサドベリーの子達は常にあらゆる思考を巡らせているように思います。自分が好きなことは、自分に必要なことは何なのか。自分は何者なのかということを。

 

この留学中に新しく入学を検討するためのチケット会員になることを承認された子がいました。サドベリーに来たい理由は「自分のやったことに責任を持つということが今の自分に足りていないと思うから。」でした。

自由には責任が伴う。という言葉は社会の色々な環境で語られる言葉ではないでしょうか。サドベリーには与えられる自由や押し付けられる責任はなく、自分のやりたいことをベースに自由の拡げ方、責任の取り方を学べる学校なので、そこで日々学びを積み重ねている子は、自分の好きなことをやることにとても長けているなと思います。

 

(スタッフ・かずま)

[`evernote` not found]