ブログ
News and Blog

遊びたい!は学習意欲そのもの。

  • 投稿日:2017年05月15日
  • カテゴリー:ブログ

 

先日新しく入学したい子が「サドベリーに入学したい。遊びたいから。」という希望をスクールミーティングに出していました。もっと具体的に聞かせてほしい、サドベリーのことを理解しているのかどうか、家ではなくサドベリーでなくてはならないのは何故か、等の質疑応答の末に承認されましたが、今回は子どもが遊びたい!と思うことについて少し掘り下げて書きます。

 

遊びたい!と思うことは、算数をやりたい!国語をやりたい!と思うのと全く同じことです。料理をしたい、スポーツをしたい、ただボーッと何か考えていたい等、何でもそうですが、今自分が最も興味があることに取り組んでいたり、やりながら立ち止まりながらそれが何なのか考えているのです。上手くいくときもいかないときも含めて、経験すべてが学びなんです。

「学習」「勉強」という言葉からは小中学校で習うような教科の学習をイメージしがちですが、例えば、TVゲームが楽しくてずっとしていて本人は遊んでいると思っていたことが将来クリエイターの仕事をすることになって知らないうちに学びになっていたことに気付いたとか、漢字が好きすぎて本人は楽しいだけでやってるつもりが周りから見ればとてもよく学習しているように見えるとか、みんなでサッカーをして遊んでいる中で楽しいからやっているだけの子がいたり本気でプロの選手になるために本人にとってはこれも勉強だと思っている子がいたり。。。子どもの数だけ学び方も多種多様です。

そもそも何が学びなのか学びでないのか、他人が定義や評価をすることはできませんし、本人のことは本人にしか分かりません。読み書き計算や礼儀やマナーなど、生きていく上で最低限必要なことは教えるべきではないか?と思われる方もおられますが、その人にとっての最低限もその人にしか分からないんです。

小さいうちからサドベリーに通っていて一度も公立の学校には行っていない子も増えてきています。その子達に話を聞いていてもサドベリーを出てから進学や就職をする上で学歴が問題になることはありませんし、日本人の大半の子が経験している小中学校を経験しないからといって何かが欠如しているなんてこともありません。

 

サドベリーは何歳だから何をしなければいけないということはないので、皆が何ができるかできないかは調べたこともないですがおそらくてんでばらばらです。

例えば、文字を読めないままに大人になるということも本人が望めばあり得ることですが、自分が読む必要がある思ったときに読めるようになるところは皆共通しています。他のこと、礼儀やマナー等も同じく生きていく上で自分にとって必要だと思ったら手にしていきます。

 

人は自ら学びたい・必要だと思ったときに最もよく学ぶものです。これは子どもだけでなく大人になっても同じように自分の夢を追いかけたり興味があることを深めたりはできるもので、人は何歳になっても死ぬまで学びの途上なのではないでしょうか。

 

(スタッフ・かずま)

 

 


「書類にはふりがなを付ける。」

  • 投稿日:2017年05月10日
  • カテゴリー:ブログ

 

 

サドベリースクールでは、何か問題があるときや生徒達がより自由な活動をするために、スクールミーティングでいつでもルールを決めることができますが、今回は最近できたルールを一つ紹介します。

「書類にはふりがなを付ける。」

スクールミーティングは毎日朝と夕方の二回、議題があれば開催されます。議題は事前に皆が見えるところに貼り出されていて、議題ごとに自分が参加するかどうかを選べます。議長は議題を読み上げて提案した人が詳しくプレゼンして、過半数の賛成を得られれば承認、反対されたら却下となります。決定したことをミーティングノートに記入するのが書記の役目です。

先日小さい子が議長をやったときに、議題に書いてある漢字を読めないということが起こりました。ここでふりがなを振ってあった方が読みやすいのではないかとのことから、「書類にはふりがなを付ける」というルールが提案されました。

読めない子は読める人に聞いたらいいのではないか。という意見もありましたが、少し読める子なら文脈から察して聞くことはできても、全く読めない子がいた場合に何をどう聞けばいいかも分からないのではないか。という意見も出ました。実際に議長をやって読めなかった子もふりがながあった方が参加しやすいとの意見を出して、最終的には「議題用紙とミーティングノートに書く漢字には全てふりがなを付ける。」ということが決まりました。

おそらく、読める子からしたらめんどくさい・やりたくない作業なのかもしれませんが、全員の自由をできる限り保証するためにバランスを取る必要がある場合にできるのがルールです。例えるなら、信号が無ければ多くの事故が起こりますし目的地に素早くたどり着くこともできません。赤信号を守るのはめんどくさい・ノンストップで目的地まで行きたいとしても、全員の自由をできる限り対等な権利として鑑みるとやはり信号は必要です。

ルールによって自由を縛るのが目的ではなく、自由を守るためにルールを作るという感覚なのです。

 

(スタッフ・かずま)

 

 


何歳の人は何をすべき。がないのが社会。

  • 投稿日:2017年04月20日
  • カテゴリー:ブログ

2017年度がはじまって2週目。スクールの庭にある桜はようやく蕾が大きくなってきました。

入学を希望する遠方の子達がチケット制度を活用して早速体験参加しています。

 

サドベリースクールには決められた時間割がありません。何歳だからこれを身に付けておかなければ、ということもありません。

スクールの日常で音楽好きな子が曲を流していたりしますが、8歳の子が「爆風スランプ/Runner」の歌詞を覚えて熱唱しいたり、今日は12歳の子が忌野清志郎の古い映像を流しながら「キヨシロォーー!!」と叫んでいたりします。自由です。

社会にも学校にも、何歳だから何をすべき、と一方的に決めつけられているものは本来ないはずです。大人になって社会人になったら働かなきゃけないというのも、何をどこまで、どのように、どうするのか?は自由です。同じく子どもも教育機会の提供の義務として用意された小中学校を使うも使わないも自由ですし、サドベリーなどのオルタナティブスクールを選べる状況にある子も着実に増えています。

色んな理念の学校がある昨今、子ども達がそれぞれ自分に合った学校・居場所・家庭も含めた様々な学びの場で成長していけたらいいと思いますが、サドベリーは「小さな社会」とも言われます。

何をすべきのない価値観のフラットな環境で、いつ、どこで、だれが、だれに、なにを、なぜ、どのように?という自分の人生のすべてを決めることができる。自ら選んだ子にとってはサドベリーは最もやりたいことができる学校でありながら、個人の権利が尊重される中で必然と他人とも関わり話し合って社会性を学び、そのまま自分の人生の舵を取りながら、自然と社会にも進出していけるのではないでしょうか。

 

 

あとがき:個人的に忌野清志郎は好きなので「デイ・ドリーム・ビリーバー」を聴きながら気持ちよく過ごせましたが、原発のこととか政府の批判的な歌も流して「これが真実だ!」みたいなことも言っていて、まぁ一概には言えないだろうと思いながら。。。笑 (スタッフ・かずま)

 


スタッフは生徒に何も提案しない存在。

  • 投稿日:2017年04月17日
  • カテゴリー:ブログ

八ヶ岳サドベリースクールの2017年度がスタートしています。

 

サドベリースクールにはカリキュラムは存在しないため、生徒はスタッフに何かを一方的に課されるということはありません。よく、「大人は何もしない」という言われ方・書かれ方をすることもあります。

今日はこれをもう少し詳しく書こうと思います。

 

まず、生徒一人ひとりの具体的な活動に関して何をして何をしないのかはその子本人の権利ですから干渉することはできません。例えば、将来の役に立つからこの勉強をしておきなさい、その服はだらしないからきちんとしなさい、等ということは有り得ません。役に立つのか、だらしないのか、が大人子ども関係なく個人の主観にすぎないので、強制はできないのです。喧嘩を仲裁するにしても、大人対大人の喧嘩を見て同じように止めるのならいいのですが、子どもだから喧嘩は止めなくちゃ。とかはありません。

かといって、スタッフが生徒に何も言うことができないのかというと、そうではありません。大人も子どもも関係がなく対等なだけなので、同じことを大人にも言えるなら生徒にも自分が思ったことを言うのが自然なんです。

ひどい言葉遣いをしている子がいたら、「嫌ならミーティングに出したらルール作れるよ」とか。毎食カップラーメンの汁を全部飲み干していたら、「うわ、それ塩分すごいな」とか。誘導や制止ではなく、一意見、感想としてです。

スタッフにもカリキュラムが課されていないので、どう思ってどう動くかもスタッフ一人ひとりに委ねられていて、おせっかいなスタッフは口を多めに出せばおとなしいスタッフはあまり口に出しませんし、仕事をガンガン頑張る人もいればあまり仕事をしない人もいます。

 

色んなスタッフがいて、気持ち的に好きか嫌いかスクール運営に必要か不要か、総合的に生徒が判断することですが、選挙で選ばれたり選ばれなかったりするのがある意味答えです。

 

提案しないのか?という話に戻りますが、個人の具体的な活動に対する提案はできないけどスクール運営に関する提案は僕はしていくべきだと思っています。例えば、スタッフ誰を雇うかを生徒が選挙して決めることになったのであれば、選挙に向けて立候補者を募集していくことを提案したり、そもそも誰がスタッフになってもスクールが回っていく業務システムを作っていく必要があると思います。

スタッフの仕事として何が良いということがない中で、生徒にとってより充実したスクール環境を作っていくのがスタッフの役目なのです。

 

あとがき:僕自身は雇われる限り24時間サドベリーのことを考えて努力し、これからもスタッフに立候補し続けたいですが、僕が最高のスタッフかどうかは生徒が判断することだしより優秀なスタッフが現れる可能性は低くないと思うので、スタッフになりたい人が常に少なくない数存在していてその時に一番良いスタッフを雇えるのがベストだと思います。もし僕が選ばれなければ、淘汰されてクビになるのも必然なんです。(スタッフ・かずま)


2016年度終了しました。

  • 投稿日:2017年03月24日
  • カテゴリー:ブログ

 

八ヶ岳サドベリースクールは、3月25日(土)から4月10日(日)まで春休みとなります。
新2017年度は4月10日(月)から開校しています。

開校5年目の今年度も多くの方に支えていただき、生徒達は様々な活動を繰り広げていました。

八ヶ岳の壮大な自然を活かして遊んだり、プロジェクトの企画や学校運営に頭を使ったり、色んな友達(人)との交流を楽しんだり、自分のやりたいことが何なのか考えたり、悩むことも含めて一人ひとりが日々違う学びを行っています。

4月以降、移住が決定しているご家族や入学を希望している子もいるので、さらに盛り上がるのではないかと思われます。人が増えるということは、自由と責任の数も増えるということです。自由な発想から活動の幅は広がるでしょうし、責任を持つ人が増えてより話し合いのバランスが取れた自治が行われます。

自分の自由を声高に主張するのか、空気を読んで相手に合わせるのか、全体のバランスを考えて動くのか、それぞれの子ども達が持っている色々な価値観が混在する中でどの様に「生きる」のか。生き方に善し悪しはなくそのあり方をも、自分で作っていくのがサドベリースクールの本質なのです。

人が増えると問題も増えたりもしますが、それも含めて必要なことが自然と起こり、総じてスクールの豊かさも増していくのではないでしょうか。

そんな八ヶ岳サドベリースクールを、2017年度もどうぞよろしくお願いいたします!

 

(スタッフ・かずま)


好きなことをすることに長けている。

  • 投稿日:2017年03月10日
  • カテゴリー:ブログ

17191044_794754767349575_703104525646838311_n
短期留学の第2期が終了しました。

今回は一般の子に加えて「西宮サドベリースクール」、「三河サドベリースクール・シードーム」、「湘南サドベリースクール」の生徒も参加しました。八ヶ岳の生徒も含めて全国のサドベリー4校の生徒が共に学ぶという状況で、八ヶ岳サドベリーのルールをベースに一般の子やそれぞれのスクールの価値観も混ざり合います。

 

17201103_794754770682908_2350260625528621106_n
「当たり前」のない中で自由に活動を行い、必要に応じて話し合いを重ね、自然と人間関係も構築されていきます。

最初は顔も名前も知らない状態から留学期間が始まりましたが、最後の夜はどこからともなく「パーティしよう!」と集まり、夜中まで皆で大盛り上がりでした。

もちろん全員で仲良くするのが善、ということもありません。パーティしたい子がして、一人で活動したい子は一人で好きなことをしています。

 

普段のスクールも多様ですが、この短期留学中は人数が増えてより多種の様々な活動が行われました。

ざっと思いつくだけでも、温泉に行きたい、スノーボードしたい、肝試ししたい、カラオケ行きたい、勉強をしたい、ゲームをしたい、料理をしたい、ギターを弾きたい、野球をしたい、皆で鬼ごっこをしたい、笑ってはいけない(笑ったらお尻をスリッパで叩く)をしたいなど。。。

考えてみれば当たり前のことですが、皆やりたいことをやりたくてサドベリーに来ているわけなので、好奇心のままにその空間は自然と学び豊かなものになっていきます。

 

サドベリーの特徴は、自由にできる好きなことを自分でやる責任があるというところです。やりたいことのために必要な時間や物、人やお金等を自分でチョイスしなければ何もできません。好きなことをまったくしないこともできますが、それを選択した責任は伴います。

生徒一人ひとりが何を考えているのかは本人にしか分かりませんが、僕が思うにサドベリーの子達は常にあらゆる思考を巡らせているように思います。自分が好きなことは、自分に必要なことは何なのか。自分は何者なのかということを。

 

この留学中に新しく入学を検討するためのチケット会員になることを承認された子がいました。サドベリーに来たい理由は「自分のやったことに責任を持つということが今の自分に足りていないと思うから。」でした。

自由には責任が伴う。という言葉は社会の色々な環境で語られる言葉ではないでしょうか。サドベリーには与えられる自由や押し付けられる責任はなく、自分のやりたいことをベースに自由の拡げ方、責任の取り方を学べる学校なので、そこで日々学びを積み重ねている子は、自分の好きなことをやることにとても長けているなと思います。

 

(スタッフ・かずま)


スタッフ選挙

  • 投稿日:2017年02月28日
  • カテゴリー:ブログ

 

4月から始まる2017年度へ向けて、スタッフ選挙が行われました。来年度、スクールに来てスタッフをしてほしい人を生徒達が投票をして決めるというもの。5年目のスクール初の試みで、まさに子ども達による学校運営の真髄です。

 

まず、来年度のスタッフをどうしようか?という話し合いの中から選挙をしてみようということが決まり、次はどのように選挙をするのかという話に。

2016年度にスクールに関わったスタッフ・サポーター・ボランティアの人達をリストアップして、スタッフやりたい人の立候補を募ってプレゼンテーションをしてもらう。その中からでも知り合いを他薦するのでもOKで、生徒一人ひとりが自由に投票することになりました。

投票方法については「来てほしい人に○を付ける」ということだけを決めてスタート。一人にだけ票を入れたり十人くらい入れることもでき、中には票に順位を付ける子もいて、かなりカオス状態になった結果ひとつの票の重さが違いすぎてこれだけでは判断しきれないとのことから、再選挙をすることになりました。

最初の投票で1票でも入った人の中から、生徒一人が持ち点10点を最大三人のスタッフに割り振り、最も得点の高い候補者を来年度のスタッフに雇うという方法で再選挙。今回は最高得点の一人がスタッフとして選ばれ、2位以下の人はサポーターとしてスクールに関わってもらうという決定に。今度は皆が納得できる結果に落ち着きました。

頭をフル回転させながらの長い話し合いが続いた期間が終わって皆、ふぅ~と一息ついています。

 

スクールのミーティングに参加するしないが自由なのと同じく、スタッフを選ぶ投票はしてもしなくても自由ですが、自分は投票はいいやーと言って好きなスタッフがクビになったり嫌なスタッフが雇われるかもしれません。逆に、自分が個人的に好きなスタッフに投票したからといってスクールに必要な人材を雇えなければスクール運営が上手くいかなくなったり、最悪の場合つぶれてしまうかもしれません。

それほどまでの責任を生徒達が負うことで、すべてを決める自由を手にすることができるのです。

 

 

あとがき:八ヶ岳サドベリー初のスタッフ選挙をやってみて…個人的にいちスタッフとしては、いつ職を失うかわからないというある意味大きなリスクを背負うことになると思います。ただ、この時代に終身雇用や職を失う可能性が全く無い職業などあるでしょうか。また、それが一概に善といえるでしょうか。

スタッフ個人やスクールとしてもリスクを背負う引き換えに、生徒達が常により良いスタッフを選べるというサドベリースクールとしての大きなメリットを得ることができます。さらには現職のスタッフも新人候補と同じく横並びで選挙に挑むので、今の立場に甘えることなく生徒の活動やスクール運営のサポートで日常的にアピールしていく必要があり、この選挙にはスタッフの質を底上げしていく効果もあるなぁと思いました。

(スタッフ・かずま)

 


バレンタインチョコの渡し方。

  • 投稿日:2017年02月14日
  • カテゴリー:ブログ

 

今日は2月14日。

世間では、女の子が男の子にチョコを渡して思いを伝える日。というイメージの方が多いでしょうか。または義理チョコ・逆チョコなるものも存在しているようですが、サドベリースクールのバレンタインデーの様子もお伝えします。

 

朝から早速チョコを持ってきた生徒の子達。仲の良い友達に持ってきた子、生チョコを作ってきた子、全員に渡そうとたくさん持ってきた子など、それぞれにチョコを渡し合っています。

そして、サドベリーには食事の時間の区切りもないので朝から早速食べます。自分が貰ったものを食べるというよりは、皆で持ってきたチョコを出し合い分け合って食べています。もはや、あげた・貰ったは関係ないようです。

 

サドベリースクールの特徴の一つとして、年齢による分け隔てが一切ないのに加えて性別による分け隔てもありません。同性だけで仲良くしていることも多ければ、異性とも何ら関係なく活動を共にしていることもあります。分け隔てが一切無いことで自分と相手の姿かたちはもちろんそれぞれが持つ価値観が違うことも当たり前のように受け入れて相手を尊重し、ときには尊敬することができるようになるのです。

今回のチョコに関しても、特に年齢や性別は関係なく作りたい子は作りあげたい子はあげて、興味がない子はいつもと変わらず過ごしています。至ってシンプルで自然な人間関係がサドベリーにはあります。もちろん異性が気になる子もいますし、その中で本命チョコを渡すようなこともあるでしょう。

今日のバレンタインデーは言わば、皆でチョコレートをたくさん楽しく食べる日。になっています。

 

(スタッフ・かずま)

 


来年度へ向けて。

  • 投稿日:2017年02月07日
  • カテゴリー:ブログ

 

年が明けてから、4月からの2017年度へ向けての話し合いがスタートしています。

 

というのも、2016年度4月にスタッフ陣営を決めるときに、スタッフ契約は2016年4月~2017年3月までとする。翌年度については3月末までに話し合って決める。という決定がされたので、契約が切れて自動的に話し合わざるを得なくなりました。この記事を書いているスタッフ・かずまも含めた全スタッフが3月末で契約が切れてスクールにはいないかもしれないんです。

今回の話し合いでは、スタッフを選挙することが決まりました。今年度にスクールに関わったスタッフ・サポーター・ボランティアの人をリスト化して、さらにスタッフ立候補したい人がいないか声もかけて、その中からでもまったく関係ない外部からでも生徒一人ひとりが自由に投票ができる。ということになったんです。

八ヶ岳サドベリー初の試みですが、果たしてどうなるでしょう。

他にも、来年度の体験入学生・チケット生・留学生のシステムを変更したいとの提案が生徒から出たり、サポーター・ボランティアシステムの提案がスタッフから出たりもしました。

 

サドベリーのスタッフは何もしないのが仕事。という言い方をされることもあります。確かに生徒一人ひとりの活動について、これしてみない?それはしちゃダメ!と言う権利はなく、活動を把握していることもないのですが、民主主義による学校運営をする上で同じ1票を持つ人として、新しいルールの提案や問題が起こっている事の解決策をミーティングの場に出すのはよくよくあることなんです。

 

(スタッフ・かずま)


学校は「行く」ことが目的?

  • 投稿日:2017年02月02日
  • カテゴリー:ブログ

 

サドベリースクールは時間割がなく、学校にいつでも来れていつでも帰れます。今日は行かない。ということも選択できます。行くか行かないかを重要視しがちな保護者の方もおられますが、学校へ行って何をするのかと同じく、そもそも行くのかどうかから、本人の自由な選択が始まっています。

家族の用事で学校を休むのも自由ですし、今日は学校ではなく家でやりたいことがあるから、外でのアクティビティに勤しみたいから、という日もあります。実際に八ヶ岳サドベリーでも、生徒全員が同時に揃う日は稀です。ボストンのサドベリーバレーでは200人生徒がいても100人くらいしか来ない日もあるそうです。

 

選ぶのは自由ですが、選ぶということはある意味失うということでもあります。例えば、毎週土曜日に習い事をしているけどその週末に家族旅行の予定が入ったら、どちらかを選択する必要があります。サドベリーでは、来なかった日のミーティングで決まったことには口を出せなかったりします。

大学のキャンパスのようなイメージをしてもらうと分かりやすいかもしれません。授業をある意味休むことはできてもその機会は失います。サドベリーは何かしなければならないことが無いので、今日来る意味はあったのだろうか?そもそも何のために学校に通うのか?と考えている子は多いんじゃないかと思います。そこから何をどう評価するのも自分なのです。

 

学校といっても公立や私学も含め、今や様々なオルタナティブスクールが増えていますが、そもそも学校は行くことが最大の目的ではないはずです。学校の手法は多様なほどに豊かではありますが、子ども本人のための学校である以上は、学びたい本人が、学びたいことを学びたいときに学べる場であるべきではないでしょうか。

 

(スタッフ・かずま)